大阪市障害者就業・生活支援センター あなたと企業を結びます
 
CATEGORY
初めての方はこちらへ
   
  支援プログラム  
  イベント講座案内  
  ひらの茶館から  
  企業の方へ  
  Q&A  
   
  就業生活支援センターとは  
   
  文献・情報  
  アクセスマップ  
  お問合せ  
  個人情報保護  
  サイトマップ  
  リンク  
   
  HOME  
就ポツ
就業・生活支援センターとは
 
働くことの意味や必要性について、一緒に考えます。
働くために必要なこと、準備することについて、共に考えます。
暮らすことを続けるために必要なことについて、一緒に考えます。
暮らすための地域の利用資源について、共に考えます。
あなたの希望に添って働く・暮らすための目標を設定して、支援します。 (個人支援プログラム)

 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 ■業務の内容■
   
就職を希望されている障がいのある方、あるいは在職中の障がいのある方や家族の方が抱える不安や
   困っていることに応じて、雇用及び福祉の関係機関との協力のもと、
   就業支援担当者と生活支援担当者が協力して、就業面及び生活面の一体的な支援を実施します。


  <<はたらくことへのお手伝い>>

   ○就業に関する相談支援
    ・就職職に向けた準備支援
     (基礎体力の向上や集中力の向上の習得のための職業準備訓練、職場実習のあっせん)
    ・就職活動の支援(ハローワークへの同行など)
    ・働き続けるためのお手伝い(企業の方との協力、関係機関との連絡調整)
   ○障がいのある方それぞれの障がい特性をふまえた雇用管理についての事業所に対する助言
   ○関係機関との連絡調整

 <<はたらくことを支えるための生活面でのお手伝い>>
   ○日常生活・地域生活に関する助言
    ・生活習慣の形成、健康管理、金銭管理等の日常生活の自己管理に関する助言
    ・住まい、障害基礎年金、余暇活動など地域生活、生活設計に関する助言
   ○障がいのある方それぞれの障がい特性をふまえた雇用管理についての事業所に対する助言
   ○関係機関との連絡調整
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
<<所長からのメッセージ>>

支援センターは施設ではありません。職業訓練所でもありません。あらゆる社会資源の方々と一緒に協力しながら、利用者の方々の「働きたい」という気持を「働いている」状態に変えていくネットワーク組織です。
小さな事務所を拠点にしながら、就業にかかるノウハウ(情報)を整理・蓄積・活用していきます。これらの情報・企業人脈・道具・機械・設備・支援情報・関係力などをいろいろと組み合わせていけば、利用者の方々に新しいcapabilities(可能性)が生まれます。今後、国際労働機関が勧奨しているDecent work <働きがいのある人間らしい仕事> 状況が我が国において広がっていけば、また、Labor(苦役)的でなくOpera的な(ひとりひとりが舞台の主役になるような)仕事が増えていけば障がいのある人の就業場面はますます拡がります。
当センターは大阪市内7ケ所に相談支援拠点をおき、総合的な就業・生活支援体制をとっております。
はじめて利用される方には「働くこと」に対する準備状況などをお聞きし、家庭内でできること、やっておくべきことなどをお伝えします。準備が整ってきた人には基礎訓練や企業実習を斡旋します。
就職というゴールの前にはいくつかの課題があります。支援ワーカーが利用者の方と共に考え、解決していきます。みなさんのお住まいの近くのセンターに是非お電話ください。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Copyright(c)Chance Challenge Catch + one.All rights reserved.